山梨県のホームページ制作Y-DESIGNER

BiNDでのホームページ制作に役立つ情報をお届けしています。

ノーコードでホームページを作る!BiNDupに負けないDIVIの紹介

皆さん、こんばんは。Y-DESIGNERの須山です。

BiNDupのようにコーディングをせずともWebサイトが作れるソフトやアプリケーションは国内ではホームページビルダーを初め、海外のWixやJimdoなど多くのサービスがあります。

実はWordPressでもそういったテーマ(プラグイン)のDIVIと言うものをご存知でしょうか。
ここ最近はBiNDupではなく、WordPressの制作ばかりになってしまったくらい便利です。

今回はそちらのプラグインをご紹介させていただきます。

 DIVIとBiNDupの違い

BiNDupの特徴

BiNDupはパソコン内に専用ソフトをインストールし、パソコン内でサイトの編集・管理を行います。クラウド版もありますのでネット環境でも編集ができるのは良いところです。

BiNDupはかっこいいテンプレートが多いことで定評がありますのでテンプレートを使用することを前提に考えれば、ノーコードでのサイト制作が可能です。

partner-entry.bindup.jp

DIVIの特徴

DIVIはそれ単独で機能するものではなく、WordPressにインストールするテーマ(プラグイン)の一つになります。そう、BiNDupユーザーの皆さんが難しそうと一歩を踏み出せないWordPressです。BiNDup同様に、ノーコードでWebサイトが制作できます。

つまり、WordPress上でBiNDupみたいなことができるのです。

www.elegantthemes.com

BiNDupユーザーがDIVIを使うデメリット

はい、あります。デメリット。どんなサービスにもそうです。BiNDupだってホームページビルダーだってWixだってjimdoだって制作会社に作ってもらったとしたってデメリットはあります。

なので使う前に私がDIVIを使って不便に感じたことをご紹介します。

さすが海外サービス。英語。英語。英語。そして変な翻訳。

BiNDupは国内企業のデジタルステージさんが作ってくれていますので言語の壁はないでしょう。しかしDIVIは海外の企業が開発していますので英語。英語。英語。

使い始めた当時はGoogle翻訳の奇怪な翻訳を頼りに海外サイトを閲覧しまくってました。

でも大丈夫!日本人でDIVIの使い方を詳しく紹介してくれている人がいます。以下Naomi先生のブログサイトです。Youtubeでも動画で使い方を紹介してくれていますので以前の私のような心配はありません。

nocodeweb.jp


nocodeweb.jp

www.youtube.com

無料ではありません。

お金はかかります。毎年お金がかかるパターンと一度で買い切りのパターンです。とりあえず、年払いだと89ドル・一回で買い切りだと249ドルです。でもBiNDupより安いみたいな。。。

フォームはしょぼい。

フォーム機能はBiNDupで使用できる無料版のSmoothContactにも遠く及びません。むしろSmoothContactが優秀なのかもしれません。

BiNDではない心配事が増える

デジタルステージさんもブログで紹介していましたが、WordPressでサイトを運営するのは注意が必要です。(BiNDupでも違う意味で注意が必要ですが・・・)
詳しくはデジタルステージさんの記事をご覧ください。

bindup.jp

まずはDIVIを使ってみたい方!

先程お名前を紹介したNaomi先生がDIVIをお試しで使用できるサイトを作ってくれています。その当時に知りたかった。。。

まずは触ってみたい方はぜひ試してみてください。

demodivi.com

BiNDupよりDIVIが優れている点(メリット)

まずはデメリットを書きましたがメリットのが多くあります。

まず、WordPressが使える

デメリットでWordPressを使うのは注意が必要と記載しましたが、SEO対策やコンテンツマーケディングを行っていくことを考えればWordPressの方ができることは多いです。むしろこちらはBiNDPress2が不甲斐ないと言う感じでしょうか。

他記事でも記載しましたが、コンテンツマーケディングやオウンドメディアができるというキャッチであれば、まずデジタルステージが自社オウンドメディアをBiNDPress2でやるできです。

何を隠そう、BiNDCAMPのサイトはWordPressです。

DIVIもテンプレートはある

とりあえずいっぱいあります。そして、DIVIは世界で一番使われているテーマ・プラグインですので海外サイトで販売されているテンプレートも結構あります。

www.elegantthemes.com

そしてできることは多い

当然BiNDupでできてDIVIでできないこともありますが、機能はDIVIのが豊富な印象です。また、WordPressはプラグインで機能を増やせますのでDIVIに足りていない機能は他のプラグインを追加すればOKです。

フォーム機能はまさにそれです。

www.elegantthemes.com

タブレット表示の編集もできる

BiNDupにはブレイクポイントが1つしかありませんがDIVIには2つあります。BiNDupではタブレット表示のことを考えるとチャレンジできなかったことがDIVIでは可能です。

まとめ

当時の私のように言語の壁い当たることなくDIVIの使い方を学ぶ環境は整っております。こんな記事を書くとBiNDupがダメみたいに見えますがBiNDupは決して嫌いではないです。BiNDupの制作依頼でも内容によってはDIVIを進めるお客様もいますし、BiNDupで制作させていただくお客様もいらっしゃいます。ぜひ、デジタルステージさんにも頑張っていただきたいです。

またDIVIを本格的に勉強したい方々Naomi先生が管理してくださっているサロンがありますのでサロン内でDIVIのことやWordPressのことなど質問できます。

皆さんのサイト運営にあったツールをお選びいただければと思います。

nocodeweb.jp

 

(C)2017 Y-DESIGNER