山梨県のホームページ制作Y-DESIGNER

BiNDでのホームページ制作に役立つ情報をお届けしています。

Webサイトの種類と役割について考えよう!

f:id:y-designer:20180822051302j:plain

こんばんは。山梨県でホームページの制作をしているY-DESIGNERの須山です。

前回、”ホームページ”と”Webサイト”の言葉の違いについてご説明させていただきました。

blog.y-designer.com

正確に言えば違うが一般的な認識はどちらも一緒っていうのが現状でした。

そんなWebサイトにも種類があるのってご存知でしたか?一般的な言い方だとホームページとネットショップとかになりそうですね。今回はそのWebサイトの種類を紹介したいと思います。

種類や目的によってデザインなどが変わってきますので皆さんが作りたいWebサイトはどれなのかこの機会にご確認してみてください。

コーポレートサイト

一般的によく見る企業サイトがこれになります。名前の通りですが、自分の会社のことを知ってもらうのがメインの目的になります。言うなれば名刺の代わりになるようなWebサイトというイメージです。

比較的デザインはしっかりしたものが多く、コンテンツとしては事業内容の紹介、会社案内、ニュースリリース、採用情報などになります。

以下コーポレートサイトを集めたデザイン集のサイトです。

www.ikesai.com

ECサイト(ネットショップ)

一般的にはネットショップとか言われたりしてますね。正式にはECサイトって言います。有名どころだとYahooショッピングや楽天市場、Amazon、自社サイトのECサイトの構築ならカラーミーショップやBASE、STORE.JPなどがよく使われています。

ネットでお買い物ができるサイトなので当然ですが、カートボタンがついています。デザイン的には商品写真がしっかり見えるようなデザインにし購買意欲に繋げるようにします。またカテゴリや価格帯で商品を探しやすいようにしたりなど各サービスごとに色々な機能と料金形態がありますのでシステムを導入する前に必要な機能をしっかりと決めてからそれに見合ったサービスを検討しましょう。

以下ECサイトを集めたデザイン集のサイトです。

ec.ysig.jp

メディアサイト

主にニュースや最新情報を発信することを目的としたWebサイトです。

メディアサイトにも2つの種類があります。

ニュースサイト

広告や有料配信での利益をメインとしたサイトです。新聞各社が情報発信しているサイトなどはニュースサイトになります。

オウンドメディア

自社の広報活動や商品・サービスに関連した情報を発信していくサイトがオウンドメディアになります。近年、GoogleのSEO対策を行っていく上で特に注目されているのがこちらのオウンドメディアです。さー、皆さんも頑張ってブログを書きましょう!

デザインや目的の違い

ニュースサイトもオウンドメディアも記事を読んでもらうのが目的になりますので文字の読みやすさは必須条件でしょう。また、関連の記事が探しやすいなどブログサイトにみられるようなユーザービリティも必要かと思います。

またオウンドメディアの場合は、ただニュースを発信するだけではなく、自社の商品やサービスを紹介するブランディングの一面もありますのでただ文字だけで記事を作るのではなく、それに見合った写真なども必要になるでしょう。他にもサイトのデザイン自体を商品やサービスのイメージと近づけることでより魅了的なオウンドメディア になるでしょう。

以下ニュースサイトを集めたデザイン集のサイトです。

webdesign-s.com

プロモーションサイト

コーポレートサイトでは簡単に紹介するような事業内容を詳しく紹介するためのサイトです。特定の商品・サービス、キャンペーンなどの特設サイトがプロモーションサイトになります。内容がキャンペーンなどの期間限定や商品サイトであることからオウンドメディア などのように育てていくサイトではなく、その時限りの一点物のサイトになることが多い印象です。継続していくサービスなどのプロモーションサイトであればオウンドメディア との連携もオススメです!キャンペーンなどの公開期間の限られるサイトに関してはSEO対策は厳しいと思いますのでWeb広告やコーポレートサイトからのリンク、SNSの活用や、印刷物との連携などクロスメディア戦略を前提にご検討いただければ良いかと思います。デザインの特徴としてコーポレートサイトなどとは逆にインパクトがあり、グラフィカルなイメージのサイトが多いです。

以下プロモーションサイトを集めたデザイン集のサイトです。

sankoudesign.com

ランディングページ

特定のサービスや商品の購入・契約を目的としたサイトです。プロモーションサイトと非常に似ていますが、大きな違いはコンバージョンへの誘導が強いことです。ポロモーションサイトは詳しく紹介する、ランディングページはそのサイト上で購入や予約などに直結させるというのが大きな目的の違いです。またランディングページは1ページの長いサイトでWeb広告とセットでの運用が一般的です。対人間への意識が強いサイトなので人間が見た時に以下にその商品・サービスが魅力的かを伝えることが大事で、購入・予約したいと思った時にすぐに購入・予約ができるように随所にコンバージョン用のボタンが配置されているのも大きな特徴です。

以下ランディングページを集めたデザイン集のサイトです。

rdlp.jp

まとめ

大きく分けるとこの5種類が一般的でしょう。Webサイトの制作する際に、まずはそのWebサイトの目的と役割を考え最適なサイト制作をご検討いただければと思います。

資金の豊富や企業などはそれぞれ目的にそったWebサイトの制作や運用も可能ですが、個人事業主でコーポレートサイト作って、プロモーションサイトも作って、メディアサイトもなんて予算上厳しいですよね。Webサイトごとに目的と役割が変わればデザインも変わりますので当然それぞれのWebサイトを作れれば理想ですが、予算や運用上難しいのであればそこは制作会社さんと相談されてみてはいかがでしょうか。

単純に多い例であれば、コーポレートサイトとメディアサイトが合体しているようなサイトは多いのではないでしょうか。これは多くの制作会社がWordPressでサイト構築をしていることと、両サイトともデザインがしっかりとした物になる傾向が強いからだと思います。

極端ですが、ランディングページでコーポレートサイトはちょっと厳しいでしょう。。。信用性がなさそうなサイトができそうです。

そんな訳で今後のWebサイト制作の参考になれば幸いです。

 

山梨県でホームページの制作ならY-DESIGNER!

y-designer.com

(C)2017 Y-DESIGNER