Y-DESIGNER

BiNDでのホームページ制作に役立つ情報をお届けしています。

グラフィック系の方々にオススメのweb制作ツール

こんばんは。Y-DESIGNERの須山です。

おかげさまで開業してから早11ヶ月。今年は無事に年を越せそうです。

その分やりたいことの準備が間に合っていないのも事実。11月中にBiNDの使い方の動画コンテンツを公開したいと思っていましたが確実に無理になりました。

それはさておき、Y-DESINGERにご依頼いただく外注のお客様はほとんどが広告代理店もしくはグラフィック関連をメインとした制作会社様・フリーランスの方々です。

そんなグラフィック系の方々にオススメのweb制作ツールをご紹介。

仕事が減りそうで怖いです。

 Adobe Museとは

f:id:y-designer:20171102010104p:plain

天下のAdobe様が提供しているweb制作ツールです。

BiND同様にコーディングしなくてもサイト制作ができます。またUIがInDesignに似ているのでイラストレーターやフォトショップ、インデザインの操作に慣れている方々でしたらその気になって勉強すれば1、2週間くらいで基本操作は習得できると思います。

Museのオススメ点

コーディング要らずで自由度満載

素材をイラレやフォトショで作ってMuseで仕上げる。デザインの自由度はBiNDの比ではありません。web広告と連動したランディングページを制作するなら最高のツールではないでしょうかと思うくらいです。

他のソフトとの互換性

Adobe様のソフトですのでイラレデータやフォトショデータをそのまま読み込めます。しかもフォトショでデータを修正すればMuseでもデータが修正されます。データがリンクされているので便利です。

ブレイクポイントが設定できる

BiNDを使用していて不満に感じることの1つがタブレットの表示は最適化されないことです。これはブレイクポイントがBiNDでは1つしかないので仕方ないのですが、Museではブレイクポイントが自由に設定できます。

パララックススクロールのサイトが作れる。

スクロールに合わせて動くパララックススクロールの設定ができます。これは設定が少し複雑なので難しいですが、しっかり覚えれば色々できるみたいです。自分も勉強中です。

ウェジェットで機能を追加

イラレやフォトショでもお世話になっていますウィジェットを追加すれば多くのことが簡単にできます。有料ですがWordpressが使えるようになるウィジェットもあります。

Museの残念な点

日本ではまだまだ情報がない

困ったらwebで検索のこの時代。BiNDも情報が少ないですがそれ以上にMuseは情報が少ないです。またAdobeさんに直接質問もできませんし、Adobeさんのラーニングでは情報も少ないししかも英語で日本語字幕。参考書籍も2017年11月2日現在ではございませんので最初の使い方を覚えるまでが大変です。

日本語フォントが少ない。

特定のフォント以外は仮にパソコン上にインストールしているフォントを使っても全て画像として書き出されてしまいます。現状で日本後フォントを使用する場合はフォントデータを一緒にサーバーにアップしなければなりませんのでBiNDほど簡単にwebフォントが設定できません。

ウィジェットは海外の物だらけ

思っている以上にウィジェットは豊富です。しかしほとんど(むしろ全て?)が海外の方々が提供してくれているウィジェットなので英語、英語、英語。

翻訳しながら使い方など見るので面倒です。因みに年間で1万円くらい払えば結構良いウィジェット使えるようになります。

Museをこれから勉強したい方にオススメ

このMuseの情報が少ない中、日本でMuseの情報を発信してくれているのがクリエイティブ エッジ スクールの境様です。AdobeMAXにも登壇されていますのでご存知の方も多いのでは?

Museの学習コンテンツを境様が提供してくれていますのでこれからMuseを勉強したい方々にはオススメ。有料ですが格安です。無料のコンテンツもあります。

design-zero.tv

まとめ

Museの基本操作はクリエイティブ エッジ スクールのコンテンツを勉強すればかなり習得てきると思います。英語がわかればウィジェットも苦労せずに活用できると思います。今後のweb制作ツールの一つとしてご検討されてみてはいかがでしょうか。

(C)2017 Y-DESIGNER