Y-DESIGNER

BiNDでのホームページ制作に役立つ情報をお届けしています。

BiNDのパッケージ版とクラウド版の違い

こんにちは。Y-DESIGNERの須山です。

お客様からのお問い合わせでBiNDを購入するのにパッケージ版とクラウド契約どちらが良いのかとご質問をいただくことがあります。

今回はパッケージ版とクラウド契約のオススメのポイントと注意点をまとめていきたいと思います。

BiNDパッケージ版

bind10.digitalstage.jp

最新版はBiND10

現在の最新版はBiND10(2017/09/27発売)になります。パッッケージ版も種類が3種類ありますので必要に応じてお選びいただくとよろしいかと思います。

費用面ではパッケージ版がオススメ

BiNDは毎年、新しい機能やテンプレートを搭載して新しいパッケージ版を販売しています。仮に毎年新しいパッケージ版に買い換えたとしてもスタンダード版の購入であれば安くすみます。

データの同期もできます

パッケージ版1つでパソコン2台もしくは4台(パッケージ版の種類によって異なる)までインストールできます。ひとつのサイトデータを複数のパソコンでやり取りする際にDrop Boxで同期機能がありますので複数人でサイトを管理するときも安心です。

パッケージ版だけではできないこと

BiNDの全ての機能を使うためにはデジタルステージの提供しているWeb Life Serverを別途契約する必要があります。パッケージ版はホームページを作ることはできますがアップロード先のサーバーやドメインは付いていません。外部のレンタルサーバーでもアップロードは可能です。BiNDの全ての機能を使いたい人は必然的にWeb Life Serverの契約が必要になります。判断基準は以下の項目です。

  • BiNDで使えるWeb Fontを全て使いたい
  • BiNDでWord Pressを使いたい(スタンダード版は不可)
  • BiNDでFacebookページを作りたい(スタンダード版は不可)
  • BiNDカートを機能制限なく使いたい

個人的には全てどちらでも良いといった感想ですが。仮に、上記の項目で当てはまるからWeb Life Serverを契約しようと考えていらっしゃいましたらBiNDcloudのプロコースの契約の方が断然オススメです。

また、上記の項目ができなくても問題なければ外部のレンタルサーバーの方がオススメです。使いやすさと費用面で個人的にオススメなのはLoliPopとXserverです。
またドメインはムームードメインで取得することをオススメします。

この点は後日サーバーやドメインの記事で詳しく書きたいと思います。

Web Life Serverの公式サイト

BiND・LiVE専用レンタルサーバー WebLiFE* Server | ウェブライフ・サーバー

価格面ではLolipop

機能面ではXserver

ドメイン取得するならムームードメイン

BiNDcloud

BiNDクラウドの紹介ページ

常に最新版のBiND

クラウド版は常に最新版のBiNDが使えます。常に新しい機能をフルで使いたい人はこちらがオススメです。

サーバー・サブドメインがセット

現実的ではありませんがサブドメインのサイト運用でお考えの場合はBiNDクラウドだけでも全てができます。サブドメインとサーバーがセットになっています。エントリーコースでは機能制限がありますが、プロコース以上であれば機能制限もありません。

オフラインでも編集できる

BiNDcloudはブラウザ上で編集しますのでオンライン環境じゃないと編集できませんがプロコース以上であればオフライン環境でも編集できるアプリケーションが2台までインストールできます。基本的にはこちらのオフラインアプリケーションの方での編集をメインに考え、出先等でホームページを修正したい時にインターネットに繋がったパソコンがあればBiNDが入ってなくても修正や更新ができると考えておくと良いと思います。

BiNDPressの記事をスマホで投稿できる

BiNDで使えるBlogに近い機能でBiNDPressというものがありますがBiNDcloudの場合、投稿記事の編集・アップロードがスマートフォンでできます。

価格はちょっと割高

Web Life Serverがセットで常に最新のBiNDが使えると考えればプロコースはお得ですが外部のレンタルサーバー使用をメインと考えていれば料金面はパッケージ版よりも割高です。

まとめ

費用面ではパッケージ版+外部のレンタルサーバーがお得です。しかしながらお客様とお話をしているとBiNDcloudの方が運用がしやすい場合もあります。皆様のニーズに合わせて最適な方をご選択いただければと思います。

BiNDの導入に関してお悩みございましたらY-DESIGNERにぜひお問い合わせください。

y-designer.com

(C)2017 Y-DESIGNER