山梨県のホームページ制作Y-DESIGNER

BiNDでのホームページ制作に役立つ情報をお届けしています。

BiNDとホームページビルダー21ならどっちがオススメ?

f:id:y-designer:20180901033622j:plain

こんばんは。山梨県でホームページの制作をしているY-DESIGNERの須山です。

普段はBiNDで作業をしていますがホームページビルダーでの制作をする機会がありソフトにさわる機会がありましたので比較することができました。

とはいえ、そこまで詳細に使いこなした訳ではないので全ての機能は網羅していませんし、両ソフトともそれなりにクセがあると思いますのであくまで両ソフトの比較という意味で参考になれば幸いです。

BiNDとホームページビルダー21の共通メリット

HTMLやCSSがわからなくてもホームページが作れる。

両ソフトこれが一番のメリットだと思います。正直どんなサイトでもという訳ではありませんがテンプレートを使用するという前提のサイト制作であればそれなりのサイト制作が可能です。

またサイトの更新などをしたい場合もソフトを持っていれば自分でできるというのは大きなメリットです。

BiNDもホームページビルダーもスライドショーなどの機能も入っていますのである程度動きのあるサイト制作もできますね!

ブログ機能がついている

ホームページビルダー21は3種類ソフトがあり、その中のホームページビルダーspの方でのサイト制作であればブログ機能があります。

BiNDはBiNDPressという機能がありますのでそちらでブログの運用が可能です。

両方触ってみてブログ機能だけの話でいえば、ホームページビルダーspの方が良い印象を持ちました。ただしブログ機能だけでいえばの話です。

WordPressサイトも作れる

一応、上のブログ機能とは別にWordPressと連携したサイトの制作も可能です。

ただし、従来のWordPressでのサイト制作と比べると当然ですがデザインや機能の使用に制限が出ますので要検討といったところでしょうか。

因みにBiNDでWordPressのサイトを作った場合レスポンシブWebデザインにはなりません。PC表示のみです。ビルダーではspの方しか見ていませんがレスポンシブにはなるみたいです。

画像編集ソフトもついている

BiNDではSignPro、ホームページビルダー21にはイメージデザイナーというソフトがついています。わざわざフォトショップなど買わなくても簡単なバナーくらいなら作れちゃいます。でも切り抜きとかはできませんでした。

スマホ表示にも対応

両ソフトともレスポンシブ対応でした。ただし、両方ともタブレットでの表示まではしっかり設定できない印象はあります。タブレット表示のことまで考えるのであればホームページビルダーの方がキレイな印象はありましたが、テンプレートのデザインがBiNDよりも単調だからタブレットでも崩れないといった感じです。

日本の企業が作っている

どちらのソフトも日本の企業が作っていますのでサポートとかのサイトが英語でわからないなんてことはないです。公式と別に私のようにブログ等で情報発信している方々も両ソフト多いと思います。

ホームページビルダー21を使うメリット

f:id:y-designer:20180901033651p:plain

 

www.justsystems.com

HTMLファイルをインポートできる

すでにサイトデータは持っている(過去に制作会社に制作してもらった等)場合、ホームページビルダークラシックならサイトデータをホームページビルダーの中に読み込ませることが可能です!これはBiNDではできません。

ただし、表示崩れなどが起きてもサポート対象外だと思われます。

デザインは気にしない、とにかく簡単にであれば

ホームページビルダー21にはSPとクラシック、ECと3つのソフトが入っていますがその中のSPを使えばとにかく簡単です。因みにブログ機能が使えるのもSPです。

小規模サイトでとにかく簡単に、費用を抑えたいという方であればホームページビルダー 21のSPがオススメです。

より中身のHTML等に触れる

ホームページビルダー21のクラシックの方なら画面が昔のDreamweaverに近い印象を受けました。コードの画面とデザイン画面で2分割されているような感じです。

直接コードに触りたい人ならクラシックも良いと思います。

Yahooショッピングや楽天市場のデザインカスタマイズ

ホームページビルダー21のECを使えば、Yahooショッピングと楽天市場のデザインカスタマイズも可能です。独自のカートシステムこそないものの、Yahooショッピングと楽天市場のカスタマイズが簡単にできるのは大きな魅力ではないでしょうか!

最大のポイント!電話対応OK!

ジャストシステムさんの素晴らしいと思った最大のポイントはここ!電話対応してくれるところです。当然人間なので人によってはあるかもしれませんが私が電話した時の担当の方は非常に丁寧な対応をしていただけました。

ソフトの使い方に困った時にメールでは伝わらないことも多くあると思いますので電話でしっかり対応いただけたことは大変ありがたかったです。

 

BiNDを使うメリット

f:id:y-designer:20180901033703p:plain

bindup.jp

デザインにこだわって作るのであればBiND

オシャレなテンプレートが多いで定評があるBiNDですのでテンプレートを使えば簡単にオシャレなサイトが作ることができます。

独自のカートシステムもある

BiNDカートという独自のカートシステムもあります。機能制限がありますが無料から使えます。またクレジット決済などとの連携もできます(※別途イプシロンとの契約必要)ので自社サイトをネットショップにしたいという方にはオススメです。

比較的時代の流れに早く対応してくれる

BiNDは毎年大幅アップデートがありますので、その時代のトレンドの機能を比較的早く導入してくれる印象があります。この記事のを書いている2018年9月現在で、9月末に大幅アップデートがあり、AMPなどにも対応します。ホームページを簡単・オシャレ・多機能にしたい方にはぜひBiNDはオススメです。

ホームページビルダー21を使うデメリット

バージョンアップが不明確

BiNDなら何が追加されるかはわかりませんが毎年大幅アップデートがある(だいたい毎年9月下旬)とわかっているので、まーそれが楽しみだったりもします。当然デジタルステージさんもそれなりの機能を毎回追加してくれます。

ビルダーの場合、2018年9月現在で最新版がホームページビルダー21で発売されたのが2016年10月です。2018年9月現在で新しいバージョンの発表もありません。

web業界ってトレンドの変化が早いので毎年アップデートされないのは大きなデメリットだと思います。

悪い意味でソフトが分かれている

メリットで説明した通り、ホームページビルダー21はSP、クラシック、ECの3種類があります。ECはそれで良いと思うのですがSPとクラシックが分かれているところがこそばゆいと感じる時が多々ありました。簡単にいえばSPが超初心者向きでクラシックがちょっとwebのことに詳しい人向けっていうソフトの分け方だと思いますがクラシックでブログ機能が使えないとか結構痛い気がします。でもWordPressにしちゃえば良いって解決策ありますが。BiNDを使っている私からするとSPとクラシックの良い所どりのソフトがちゃんと出れば良いのにと思った感じです。それとクラシックは昔からあるビルダーのUIを引き継いでいると思いますので初心者にはわかりづらいかもしれませんね。

デザイン面がとにかく弱い

例えば写真を横に3枚並べて、スマホの時は1列にしたいとか、段組を組むことがキレイにできません。縦に1カラムでコンテンツを作っていくなら問題ないですが、最近あるようなデザインを作ろうとするとできない、もしくは手間がかかるなんて感じです。

この辺はBiNDなら簡単にできます。

BiNDを使うデメリット

他のソフトで作ったデータは使用不可

BiND独自のファイル構造になっていますので例えば、ビルダーからBiNDにサイトデータをお引越しなんてことは当然できません。因みにちょっと手間がかかりますがBiNDのサイトをビルダーに入れることはできました!

電話サポートはありません

基本的には専用フォームからのお問い合わせのみです。最近は本当に対応がよくなった印象がありますがBiND7くらいまでの時は対応最悪でした。メールの本文読んでないか、日本語がわからないんじゃないかってくらいひどかったです。

またBiNDはクラウド版の毎月お金のかかるサービスもあります。せめてクラウドユーザーだけでも電話対応してあげて欲しいものです。

結果どっちのソフトが良いか?

結果、私ならBiNDを選びます。何より使い慣れているので。

きっとビルダーのヘビーユーザーさんはビルダーのが良いって言うと思います。

みんな使い慣れているソフトの方が良いっていうと思います。

なのでとにかく本当に簡単にサイトを作りたいならビルダー21のSP、簡単でおしゃれなサイトを作りたいならBiNDって感じですかね。クラシックを使うくらいならBiNDの方が良いと思います。

個人的にはBiNDの方がかゆい所に手が届くし、毎年機能がちゃんと増えるので仕事はしやすいです。

特別枠としてYahooショッピングと楽天市場のカスタマイズをしたいならビルダー21の一択ですね。

今回の記事を書いたのはビルダー21での制作案件があったからな訳ですが、結果としてほとんどビルダーは使いませんでした。

AdobeのBraketsでハンドコーディングして、後でカスタマイズしやすいようにスライドショーとかMapの埋め込みとかだけはビルダー内のデフォルトの機能を埋め込む形でやるみたいな感じです。

上ではとにかく簡単に作りたいならビルダーって書きましたがみんなキレイなサイトにしたいじゃないですか!今回のお客様の要望もそうだった訳ですよ!写真並べて欲しいとか、それビルダー だとキレイにできない・・・みたいな。画像の横幅設定するのに今時pxしかないってダメでしょ・・・

%くらい指定できるようにしてちょうだい!

本当にBraketsでハンドコーディングした方が早い!っと思ってしまいました。

そんな訳で私は断然BiNDの方をオススメします!

 

山梨県でホームページの制作・BiNDの制作代行ならY-DEISNGER!

y-designer.com

 

(C)2017 Y-DESIGNER