山梨県のホームページ制作Y-DESIGNER

BiNDでのホームページ制作に役立つ情報をお届けしています。

BiNDクラウド改めBiNDupに変わります。

f:id:y-designer:20180822062855p:plain

おはようございます。山梨県でホームページの制作をしている須山です。

夜中にブログの記事2件書いて、寝る前にFacebookみてたら新しいBiNDの投稿発見。

数時間前にBiNDクラウドの次の名前なんでしょうねって記事書いたばかりなのに。

すぐ更新しないとダメじゃんと思い再びパソコン起動。

って訳でBiNDクラウド・BiND11改めBiNDupだそうです。

 

※追記※

眠い中書いたので若干テンション低いです。でもBiNDupいいですよ!

特設サイトをご確認いただいてから読んでいただくと内容が入ってくると思います。

 

 詳しくは特設サイトへって感じですよね。

bindup.jp

ドメインも変えたんですね。さすがデジタルステージさん。自分にはそんな勇気ないです。。。

って訳で数時間前にどんなんでしょうねって記事書いたばかりですけど、特設サイトをみながらBiNDupの機能を消費者目線で確認していきましょう。

素直に感じたことを良くも悪くも書きたいと思います。

BiNDクラウド・パッケージ版が融合して『BiNDup』

らしいです。スクショの料金表掲載しておきます。

f:id:y-designer:20180822062723p:plain

とりあえず、パッケージ版とかクラウド版という概念は名前を見るとなくなったように感じますが、基本コースのパッケージ購入という形でパッケージ版は残るようです。

ただし、従来パッケージ版であった、スタンダード版とか、プロフェッショナル版とか、クロスプラットフォーム版は廃止されて、基本コース(パッケージ購入)に一本化された感じでですね。しかもダウンロード版オンリーぽいです。

まぁ、このインターネット時代ですし、ダウンロード版だけでもいいかなーと個人的には思います。パッケージも毎回凝ってるの作られてましたし、浮いた経費が他の機能強化とかで使われるのであれば良いのかなと思います。

今までパッケージ版のスタンダード版を買っていた方々にとってはテンプレートとかが多いとはいえ事実上の値上げですね。

ただし、クロスプラットフォーム版を購入されていた方々にとってはアカウント数が2台分減りますがBiNDClientと一緒だと思うのでMacもしくはWindows好きな方で2台インストールできると思われます。周りに4台分もいらないって人がいたのでその人はラッキーパンチですね。

BiNDクラウドユーザーから見ると特に変化なしです。

9月から12月まで毎月新機能をアップデート

f:id:y-designer:20180822064036p:plain

『最新の環境を手元に置ける安心をお約束』

素敵なキャッチですね。ただ個人的には発売のタイミングで全て入れておいてくれればいいのにと思う朝の6時42分。多分記事を書き終わる頃には8時くらいかな。

微妙にテンションが上がらない。

でも次でテンション上がる。

時間差で追加される4大機能アップ

f:id:y-designer:20180822064558p:plain

です。機能別に確認していきましょう!

BiNDPressの機能アップ

f:id:y-designer:20180822064911p:plain

前記事でも紹介した通り、カテゴリやタグ機能、SNSとの連携やRSSも対応します!これは良いですね!記事中に動画やSNSの貼り付けもできます。

大型ブログでもOK!高速化を実現とあるので試しに使うのが楽しみです!

肝は『BiND Pressで作ったページは、BiNDを持っていない人でも更新できるアカウント発行が可能に。運用の強い味方です。』とあります。

これって、私みたいな制作会社側の人間から言わせると勘違いしてなければ激アツ!!

と思いきやカテゴリのテキストの下の方に小さい文字で『※BiND Pressの複数人での更新管理機能は、今後ビジネスコースで対応予定です。』って書いてる。やらしい。

毎月1万円かー。でも思っている通りならビジネスコースにしようかなーと悩むところ。

記事のサンプル見る限り、見出しタグは使えない模様。残念極まりない。。。

試してみてからの判断ですが、しばらく外部ブログ頼みになりそう。

DRESSが一新!

f:id:y-designer:20180822070003p:plain

DRESS内でカラーセットの登録できるみたいです。

これ個人的にすごく嬉しい!カラー定義ができるのはすごく助かります。これでメモ帳にカラーコード打っとかなくてよくなる。

白紙からサイト作る場合でもメインカラーとかサブカラーの設定できるのかな?

テンプレートしかできないならちょっと渋い。。。

でもテンプレート使っている方々には間違いなく良い機能です!

後、『従来のCSSの設定箇所が分かりにくい問題を解消。セレクタの選択はプレビューの要素を選ぶだけでOKです。』ってあるけど、これ今もありますよね?精度が上がるのかな?それなら喜ばしいです!

ページ上でのポップアップ表示が可能に!

f:id:y-designer:20180822071052p:plain

ページの右下とかに固定で出てくるヤツですね。これは文句なしで素敵機能だと思います!今までDRESSやら直接CSS記述やらでやってましたのですごくありがたいです!

配置する箇所が6箇所あり複数設置可能ってことをもありがたいです。CSSで組むだけでもそこそこ面倒な作業でしたのでこれができるのはさすがデジタルステージさんって感じです!

ドメインとサーバーのプチ強化

f:id:y-designer:20180822071654p:plain

まず、ドメインが直接取得できるようになるみたいです。お名前.comからみたいですね。初年度無料なのは嬉しいですね。BiNDクラウドの独自ドメインの設定、他社サーバーと比べて現状やりにくいのでその辺も改善されてると良いですね!

SSL化も自動でやってくれるみたいです!

AMP対応も決定みたいです!ただし『※GoogleのAMP対応ルールに則ります。スクリプト等が入ったサイト等は不可です。』っと注意書き。ほとんどのサイトがそうじゃない?みんなスライドショーとか入れたがるし。

これがどう転ぶかは最新版をみてからのお楽しみですね。

AMP対応ありきでサイトを見直すのも一つの考え方ですよね。AMPページに自動変換してくれるのは大変ありがたいことですし、AMP対応することは大きなメリットなので仕様を確認してから自分は前向きに作業したいと思います。

その他の追加機能

f:id:y-designer:20180822072732p:plain

4大アップデートよりもこっちのが激アツではないか。。。

  • 全ページに一括でブロック挿入。熱い。ページを複製した後にパンくずリスト設置し忘れた時の面倒な作業がなくなる。
  • トップとボトムの一括移動。これはまー、コピーして削除でもいけるからOK。
  • materialの素材をBiND内で検索して購入もそこでできるみたい。AdobeStockとphotoshopみたいな感じですかね。これも移動とかないので楽になります!
  • LINEの友達登録ボタン。これも嬉しい人多いのでは?LINE@の友達登録もいけるんですかね?そっちのが需要ありそう。
  • スマホ表示のTELボタンありがたいです!
  • 超激アツなのがSmoothContactで画像とかPDFの添付ができるようになった!ちょうど今着手中の案件で欲しい機能でしたので激アツです。実はSmoothContact条件分岐機能とかもあるんですよ!結構オススメです。

オシャレなテンプレートも増えます

f:id:y-designer:20180822073818p:plain

重ねる、ずらす、いいですね。テンプレートがオシャレなのはBiNDの強みですよね。

ただ、タブレット表示の際に結構ひどいことになります。

タブレットでみられるユーザーは実際そんなに多くないと思いますがテンプレートを選ぶ際にはぜひご確認いただければと思います。

まとめ

BiNDはパッケージ版もクラウド版も名前は統合されてBiNDupになるそうです。

固定のポップアップ表示などの今風のサイトにある機能も増えてサイト制作が一段と楽しくなりそうです。

実際に操作してみてからですが、BiNDPressで見出しタグは使えるのか。それだけが今回のアップデートで気がかりです。。。

あとはタブレットのブレイクポイントを早く追加して欲しいですね。結構このことに気づいてないお客様多いんですよね。試しにみてもらうと困るなんて言われて、こっちも困っちゃうなんていってお客様と笑ったりしてます。。。

毎年アップデートしてくれていますのでいつか対応してくれると信じて。

7時52分。おやすみなさい。

 

 

 

(C)2017 Y-DESIGNER